2015年2月15日日曜日

バッティングの話 〜小島のスイングを解説する

最近、球界ネタばかりの投稿をしていましたので、しばらく遠ざかったいた技術ネタを少し続けてみたいと思います。

前回の「プロ選手の自主トレに参加して」に記載をしましたが、その際にバッティングの一から指導を行いました。


基本中の基本のことばかりです。



下のビデオをご覧ください。

→ご覧頂けなかった方は、フェイスブックページに同じ動画があります。

 https://www.facebook.com/pages/Baseball-plus-/360806290716708


video

指導の途中で、久々に打った私の打撃ビデオです。

恥ずかしいのでたった2スイングしか掲載をいたしておりませんが。



自己解説すると・・・

1スイング目は、久々バットを振ったため、まずボールを正確に捉えようとして、下半身の回転が終わり切る前に腕を意識的に使い、やや当てに行く動作をしているフォームとなっています。

2スイング目は、それを改善しようとしてほぼイメージ通りに振れています。
しかし、残念ながらバットの芯で捉えられていません。

同じスイングのように映るかもしれませんが、この2スイングは自分の中では、大きく違います。

違いがお分かり戴いた方は、バッティングを見抜く目がかなりのレベルですね!

残念ながら、まもなく51歳のバッティングフォームですから、実際にはあまり参考にはならないのですが・・・。


なぜこの動画をのせたのか?

腕の力を抜いて振るイメージを持って頂きたいからです。

下半身を使って打てと指導されますが、指導をうける側からすると

「どういうバッティングが下半身を使っているのか?」

「どうしたら下半身を使えるか?」

という疑問は当然持ちます。

加えて、回転とは? 回転軸とは? 多くの疑問を選手は持ちますよね。


一つ一つの説明は次回以降で少しづつ解説をしていきます。


今回は、回転でバットを振っているイメージを感じ取って貰えれば十分です。


体型など容姿におけるご批判はくれぐれもご容赦願います!



ご参考: FULL COUNT 小島コラム










2015年2月5日木曜日

プロ選手の自主トレに参加して

プロ野球のキャンプが始まりましたね。
アマ球界にずっと仕えている身であるためか、プロ野球の動向にはあまり関心がなかったのですが、今年は昨年の仁川アジア大会代表組みから多くの野手がプロの道へ進んだこともあり、そういった意味で活躍を楽しみにしています。
勿論、過去アマ代表選手として世界と戦ってくれた既に活躍しているプロ選手についても、さらなる飛躍を期待しています。
さらにさらに、アンダー21歳以下の日本代表チームで一緒に戦い、今年自主トレを長崎で行なってくれた横浜ベイスターズの高城選手と東北楽天イーグルスの三好選手にも、飛躍を期待をしています


この二人、九州国際大学付属高校出身で高校時代バッテリーとして、甲子園で準優勝を経験しており、野球界のサラブレット的な存在です。
体力面、技術面はまだまだ伸びしろがあり、これからバリバリ活躍すると思っています。

そんな二人の自主トレを手伝う機会があり、彼らの凄さと少しアドバイスさせても貰ったことをお話をせて貰います。
まず、体格は、社会人選手とあまり変わらず、寧ろ大きいほどではないという感想。
主にバッティングのお手伝いをさせて貰いましたが、一番に感じたことは「からだの強さ」が違うということでしょうか。
スイングの力強さとバットを振り続ける体力をみると「さすがにプロだな」と思えました。
しかし、技術そのものは、プロの一流打者と比べるとまだまだという印象は否めません。
例えば、「上体の強さで打球を飛ばそうとしている」ことや「ボールを正確に捉える確率が低い」ということです。
若い選手にありがちな傾向であることは間違いなく、この道は誰もが通る過程でもあります。
一流の打者に聞くと、最後は「いかにシンプルに」という言葉を誰もが口にします。
侍JAPANで一緒した、日本ハムを引退した稲葉コーチにお聞きしたときも、そう話されていました。
シンプル=自然体=力を抜くということになるのでしょうか。
最後は、いかに力を抜くかということがスポーツの世界、野球では重要になるのでしょうね。
彼らへもこの点をアドバイスさせて貰いました。
力を抜くと、力感を感じることができず、何となく不安になってしまうものです。
120%の力で振らないと振った気がしないという感じでしょうか。
そもそもバッティングは、バットで正確にボールを捉えることができるかに尽きます。
勿論、そのためにスイングのスピードを上げることは求められます。
変化するボールやタイミングをずらす投手の投球に対応するためには、少しぐらい「遊び」「余裕」「ゆとり」がないと対応できません。
少し変化したボールに崩されながらバットがついていくなどの技術は、腕の力が抜けた状態でないと出来ないものです。
毎回、同じタイミングで同じような球がくるマシンバッティング練習と違い、実戦で投げられる球はそんなに簡単にとらえることはできないものです。
今回、二人には蓄えられた力を効率よくバットに伝え、正確にボールをとらえられるようになるのかを少しアドバイスしました。
それには、まずは自分のスイングの癖を知る必要があります。
打者の特性として、より工夫しようと過剰意識のために不要な動きが身についているものです。
一旦染み付いた癖は、中々除去するのも難しいものです。
そこで、二人には徹底的な基礎練習を提言しました。
ステップのやり方、トップの位置、両腕の使い方、軸の考え、回転軸など。
高城選手は、少し腰が痛くなり途中戦線離脱がありましたが、三好選手はかなり自分のものにしたのではと思います。

どのレベルで野球をやるにしても必要とされる基礎技術には、変わりません。
この自主トレで二人が感じてくれたことは、きっと将来、二人の野球人生に役に立つと思います。
実際のプロ選手の練習をしっかりと観る機会を持てたことは私にとっても非常に有り難かったです。
どうか高城、三好両選手へのご声援をよろしくお願い致します。